2008年11月19日

ピグミーメガネザル

近年まで絶滅したとみられていた霊長類ピグミーメガネザルが、
87年ぶりにインドネシア・スラウェシ島で生け捕りにされたそうですね。

研究チームは今年8月下旬、同島の熱帯雨林地帯に仕掛けた網で体重約60グラム、手のひらに収まる大きさのオス2匹、メス1匹を捕まえた。生きたまま見つかったのは1921年以来という。

ピグミーメガネザルは夜行性で、昆虫などを捕食する。2000年に同島でネズミ用のワナにかかった個体が死体で発見されるまで、研究者の間で絶滅種と考えられていた。詳しい生態を調べるため、3匹は発信器を付けられて再び放たれたそうです。

“絶滅種”ピグミーメガネザル、87年ぶり生け捕り


セカンドライフ
posted by noraneko at 22:14| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。